コンテンツへスキップ

タクシードライバーだった父が脳梗塞になってからの後遺症について

私の父はタクシードライバーでしたが、長年深夜勤務を伴う激しい職種でした。父の年齢も定年に近い60歳にさしかかった頃、一方通行から片側二車線の優先道路へ合流する時、信号待ちで父は停車していたのですが、次の瞬間父の意識が遠のき、気を失ったらしいです。不幸中の幸いで、タクシーは、車に接触するも、路肩にぶつかって停車するような形で停止しました。奇跡的にも、対向車が一台しか来ておらず、接触はしたものの、タクシーが自然に路肩へ押し出される形になりましたので、後続車に更に轢かれるという危険性は無かったみたいです。この時に脳梗塞だった原因としては、やはり不規則な日常生活です。タクシードライバーは深夜がメインになりますので、どうしても体に負荷がかかり、知らぬうちに血行が悪くなり、体が少しづつ侵食されていたという形になります。日中も仮眠でそんなに眠れず、また夜の勤務時間を迎えてしまうというのも悪かったんだと思います。後遺症としては、幸いほとんどなく、血をサラサラにする薬を飲んで、しびれが少し残る位だったと聞いております。人の体質によるかもしれませんが、しっかり睡眠を取ることが重要であると思いました。私の父は33歳という若さで脳梗塞を発症し、左半身麻痺の後遺症が残りました。状態が比較的安定し、病院から退院をしましたが、自宅での生活はとても大変でした。まずは、発症の年齢は関係ないと言われるかもしれませんが、まだ私たちこどもも小さく、父は突然動かなくなった左半身の麻痺を受け入れることができなかったようです。そのため、イライラすることも多く、よく家族にあたることもありました。しかし月日が経つにつれ、徐々にその障害を受容できるようになり、少しずつですが、以前から行っていた自動車整備の仕事に復帰しました。しかし、思うように作業はできず、他の人の手を借りなければいけない状態でした。それでも、散歩をしたり、リハビリに通ったり、片手で運転できるような補助具を使って車の運転もしていました。しかし、段々と年齢を重ねるにつれ、体の麻痺は悪化していき、可動域も狭くなっていきました。そうした中でも、諦めることなく、生きることに一生懸命な父を見て、私たち家族は父を支えているつもりが、支えられていることも多かったです。麻痺は本当につらく悲しいですが、心の持ちようで前向きに生きていくことができます。

ダイエットチャレンジクリニック集客ノウハウ住宅リフォーム総合情報お家の見直ししま専科AGAでお悩み解決内職 アルバイトマッサージのリアル口コミ.com女性向けエステ.com健康に役立つ口コミ情報“エステサロンを上手に利用する情報サイト”